立ち仕事 足の痛み対策

夜用揉まれるサポーター

着けて寝るだけで、指圧効果と温浴効果により血行を良くし、翌朝足のむくみをスッキリ軽くするサポーターです。

足のふくらはぎに配置された温浴シリコーンが、寝ている間の自重や無意識に行う寝返りでふくらはぎに適度な刺激を与え、足のむくみをほぐしてくれます。


ボタン画像

疲れを溜めない簡単対処法

疲れ解消グッズを利用して充分なケアをすることと併せて、立っている時の足への負担を少なくすることも大事です。

【体をひねりながら動作しないで向き直ってから作業をする】

【両足に体重を均等にかけて、立っているときは足裏の接地面を広くする】

【カウンターや流し台などで作業するときは、腰や腿などで台に少しよりかかるようにする】

【屈伸やアキレス腱を伸ばすストレッチ】

【携帯用のマッサージ器具を使った足ツボマッサージ】

など、長時間の立ち仕事の中でできることを心掛けるだけでも、足への負担は減ってきます。

毎日の心掛けが立ち仕事の疲れを軽減してくれることになります。

逆に毎日の立ち仕事での疲れが溜まれば足への負担が「足の痛み」「むくみ」「魚の目」「たこ」「腰痛」などの症状となって痛みを伴うこととなります。

立ち仕事の疲れを軽減する靴選び

長時間の立ち仕事をする方は「接客業」「販売業」などお客様相手の職業が多く、必然的にハイヒールを履くことが求められます。

ハイヒールを長時間の立ち仕事で履いているとかなりの疲れを感じます。

特に立ち仕事に慣れるまでの期間は「もう耐えられない」と思うことも度々のことと思います。

この足の痛みが我慢できずにせっかく就いた仕事を辞めてしまう人もいるほどです。

立ち仕事の疲れを軽減する方法をいくつか紹介してきましたが、やはり普段履いているハイヒールなどの靴・履物にも気配りが必要となります。

始めのうちは、見た目だけいいハイヒールなどを選んでしまいがちですが、最初から履き心地を重視した幅広の低いヒールのパンプスがお勧めです。

一度足の痛みを感じてから履き替えるのでは手遅れだからです。

できるだけ痛みを感じないように最初から心掛けましょう。


また、立ち仕事の疲れを軽減するための「中敷き」があります。

仕事場の床が固いのであれば靴底に衝撃を吸収するような中敷きをひけば良いでしょう。

しかし、中敷は足裏のクッションにはなりますが、その厚さの分全体的に足が圧迫されてしまうことにもなります。

その圧迫で「余計に足が痛くなる」という人も多いので、履いている靴とのバランスを考えて試すようにしましょう。


ボタン画像

肉体疲労の情報