ダイエット

ダイエット中のみなさんへ!

大人のダイエット

現代日本ではダイエットは主に身体に脂肪のつき過ぎた人たちが体型を整えるために行うようです。

 

また、若い女性たちを中心として、体重を減らして、いろいろな洋服を着こなせるようにダイエットをする人たちも多いようです。

 

ダイエットには賛否両論があります。

 

単純に考えると、太りすぎた人が痩せることは、生活習慣病の予防にもなりますし、重い体重がかける関節などへの負荷を減らすこともできます。

 

一方で、特に女性たちの間で、痩せようとする人の年齢が若くなりすぎて、健康に悪い影響が出るのではないかと言う懸念もあります。

 

最近では少子高齢化の影響もあり、一人の子供に6つのポケットがあると言われています。

 

つまり、生まれてくる子供の数は減ったものの、一人の子供にかけるお金は増えているようです。

 

このため、小さな子供に着せる服にも凝る親も多いようです。

 

子供向けのブランドも多く、小学生のうちからダイエットに取り組む子供もいるようです。

 

 

 

子供と大人のダイエットについて

子供のダイエット

もともと身体活動の活発な成長期にある子供が痩せるためにダイエットに取り組むのは、心身の健全な成長を妨げる可能性が強いでしょう。

 

体の組織は常に新しいものに入れ替わっていますが、その上、成長するとなると、さらに余分にエネルギーと栄養素が必要になってくるからです。

 

成人した人間にはダイエットの必要な場合もあるでしょう。

 

成人した後は運動以外で必要になるエネルギー、つまり基礎代謝がだんだん不活発になってきます。

 

基礎代謝率は10年年をとると10パーセント低下すると言われています。

 

年をとって身体活動も少なくなってから若い頃と同じ量のカロリーを摂取していれば、やはりエネルギーとり過ぎでしょう。

 

年をとってくれば、意識的に活動量を増やすか、エネルギー摂取を減らすかしなければならないでしょう。

 

ネズミやサルの研究でもカロリー摂取を控えた固体のほうが老化が遅く、長生きするそうです。

 

腹八分目といいますが、腹七分目くらいでいいようです。

 

食べ物を食べると、体内でエネルギーとして燃やされ、その過程でどうしても活性酸素が出てしまうようです。

 

だからといって食べないわけには行きませんが、食べすぎは禁物のようです。

 

また、体全体のことだけでなく、食べることは歯の磨耗も招きます。

 

毎日食べ続けていると、あまり歯のことは考えませんが、やはり歯は少しずつ磨り減っていて、気がつかないうちにエナメル質がほとんど削れてしまっていることもあるようです。

 

ダイエットに取り組むことで食べる量を減らし、少しでも歯の磨耗を遅らせることができると思われます。